PROGRAM

大人の学びなおし 第3クール

大人の学びなおし 第3クール

デジタル時代の価値観を考えるリベラル・アーツ講座

リベラルアーツとは
自由7科(文法、修辞、論理、算術、幾何、天文、音楽)を基本とする「人を自由にする学問」

INFORMATION 開催概要

目的

「背骨」となる価値観を考える機会の提供

受講対象

どなたでもご参加いただけます

開催時期

2021/11/10 ~ 2022/03/23 (全10回)

18:30~20:30

定員

50名

受講料

ナゴヤイノベーターズガレージ会員:10,000円
中部経済連合会会員                         :10,000
非会員                                               :30,000円

※受講料の支払い方法は、お申込みいただいた方に担当者がメールにてご連絡致します。

お申込締切

2021年11月1日(月)

会場

ナゴヤイノベーターズガレージ
オンライン受講も可能です(zoom ウェビナー配信を使用)。

主催 一般社団法人 中部圏イノベーション推進機構

PROGRAM DETAIL プログラム内容

デジタルトランスフォーメーションの時代に必要な価値観とは何か? 

DXによるライフスタイルの変革、GX(グリーントランスフォーメーション)による産業構造変革、人口減少、高齢化、COVID-19…。世界中で創造的破壊が起こり、激しく変化する世の中。答えのない課題に立ち向かうために、考えの幅を広げ思考の引き出しを増やすことで、自分なりの切り口を身に付ける。

是非ご参加いただきたい方

‐新規ビジネスの価値観を考えている方
‐デジタルに負けない、普遍性の高い、あるいは創造的な価値観を求める方
‐第二、第三の人生を前に、新しい発想や、社会に貢献する価値観を見出したい方

申し込み方法

ナゴヤイノベーターズガレージ会員・中部経済連合会会員(会員企業構成員を含む)
申し込みはこちら

一般の方申し込みはこちら

第2クールのレポートはこちら

LECTURE 講師のご紹介

大平 徹 氏
2021/11/10 数学

大平 徹 氏

名古屋大学 教授

テーマ:
確率と予測~数学は役にたちますか?~

主な著書:
予測学-未来はどこまで読めるのか-(新潮選書、2020年)、「ゆらぎ」と「遅れ」-不確実さの数理学-(新潮選書、2015年)
名古屋大学 教授

テーマ:
確率と予測~数学は役にたちますか?~

主な著書:
予測学-未来はどこまで読めるのか-(新潮選書、2020年)、「ゆらぎ」と「遅れ」-不確実さの数理学-(新潮選書、2015年)
白河 宗利 氏
2021/11/24 芸術(絵画)

白河 宗利 氏

愛知県立芸術大学 准教授

テーマ:
時代を変革したアーティスト達
 ~エポックメイキング的な作品の価値とは?~

主な受賞:
1993年 平山郁夫賞(東京藝術大学 平山郁夫奨学基金)
愛知県立芸術大学 准教授

テーマ:
時代を変革したアーティスト達
 ~エポックメイキング的な作品の価値とは?~

主な受賞:
1993年 平山郁夫賞(東京藝術大学 平山郁夫奨学基金)
戸田山 和久 氏
2021/12/08 哲学・科学哲学

戸田山 和久 氏

名古屋大学 教授

「概念工学」として哲学を捉え直す

主な著書:
教養の書(ちくま書房、2020年)、〈概念工学〉宣言!-哲学×心理学による知のエンジニアリング-(名古屋大学出版会 、2019年)
名古屋大学 教授

「概念工学」として哲学を捉え直す

主な著書:
教養の書(ちくま書房、2020年)、〈概念工学〉宣言!-哲学×心理学による知のエンジニアリング-(名古屋大学出版会 、2019年)
小松 史生子 氏
2021/12/20 文学

小松 史生子 氏

金城学院大学 教授

テーマ:
江戸川乱歩から読み取る東海圏の文化

主な著書:
探偵小説のペルソナ-奇想と異常心理の言語態-(双文社出版、2015年)、乱歩と名古屋-地方都市モダニズムと探偵小説原風景-(風媒社、2007年)
金城学院大学 教授

テーマ:
江戸川乱歩から読み取る東海圏の文化

主な著書:
探偵小説のペルソナ-奇想と異常心理の言語態-(双文社出版、2015年)、乱歩と名古屋-地方都市モダニズムと探偵小説原風景-(風媒社、2007年)
大路 樹生 氏
2022/01/12 地球生物学

大路 樹生 氏

名古屋大学 教授

テーマ:
攻めるばかりが正解ではない!
~共存共栄で得する生存戦略~

主な著書:
フィールド古生物学 進化の足跡を化石から読み解く(東京大学出版会、2009年)
名古屋大学 教授

テーマ:
攻めるばかりが正解ではない!
~共存共栄で得する生存戦略~

主な著書:
フィールド古生物学 進化の足跡を化石から読み解く(東京大学出版会、2009年)
丸山 裕美子 氏
2022/01/26 歴史(古代史)

丸山 裕美子 氏

愛知県立大学 教授

テーマ:
日本古代のマイナンバー制度~戸籍と計帳~

主な著書:
正倉院文書の世界-よみがえる天平の時代 -(中公新書、2010)、清少納言と紫式部-和漢混淆の時代の宮の女房-(山川出版社、2015)
愛知県立大学 教授

テーマ:
日本古代のマイナンバー制度~戸籍と計帳~

主な著書:
正倉院文書の世界-よみがえる天平の時代 -(中公新書、2010)、清少納言と紫式部-和漢混淆の時代の宮の女房-(山川出版社、2015)
井上 さつき 氏
2022/02/09 芸術(音楽)

井上 さつき 氏

愛知県立芸術大学 教授

テーマ:
ピアノの近代史~技術革新、世界市場、日本の発展~

主な著書:
『日本のヴァイオリン王―鈴木政吉の生涯と幻の名器』(中央公論新社、2014)、『ラヴェル 作曲家・人と作品シリーズ』(音楽之友社、2019)、『ピアノの近代史―技術革新、世界市場、日本の発展』(中央公論新社、2020)
愛知県立芸術大学 教授

テーマ:
ピアノの近代史~技術革新、世界市場、日本の発展~

主な著書:
『日本のヴァイオリン王―鈴木政吉の生涯と幻の名器』(中央公論新社、2014)、『ラヴェル 作曲家・人と作品シリーズ』(音楽之友社、2019)、『ピアノの近代史―技術革新、世界市場、日本の発展』(中央公論新社、2020)
久木田 水生 氏
2022/02/22 デジタル時代の哲学

久木田 水生 氏

名古屋大学 准教授

テーマ:
フィクションの中のロボット​

主な著書:
ロボットからの倫理学入門(名古屋大学出版会、2017年)
名古屋大学 准教授

テーマ:
フィクションの中のロボット​

主な著書:
ロボットからの倫理学入門(名古屋大学出版会、2017年)
江口 建 氏
2022/03/09 哲学・倫理

江口 建 氏

豊田工業大学 教授

テーマ:
アフターコロナの市民社会の行方​

主な著書:
「子育て」と「しつけ」をめぐる哲学対話――《怒り》の正体と《認識の外部》をめぐる現象学的一考察――(『研究年報 人文編』第23号、帝京大学宇都宮キャンパス、2017年)
豊田工業大学 教授

テーマ:
アフターコロナの市民社会の行方​

主な著書:
「子育て」と「しつけ」をめぐる哲学対話――《怒り》の正体と《認識の外部》をめぐる現象学的一考察――(『研究年報 人文編』第23号、帝京大学宇都宮キャンパス、2017年)
佐藤 啓介 氏
2022/03/23 宗教

佐藤 啓介 氏

上智大学 教授

テーマ:
現代日本社会における死生観を改めて考える
 ~人口減少社会・無葬社会・無縁社会~

主な著書:
死者と苦しみの宗教哲学―宗教哲学の現代的可能性(晃洋書房、2017年)
上智大学 教授

テーマ:
現代日本社会における死生観を改めて考える
 ~人口減少社会・無葬社会・無縁社会~

主な著書:
死者と苦しみの宗教哲学―宗教哲学の現代的可能性(晃洋書房、2017年)